※貸出・予約状況の確認は上のボタンを押してください。
パスワード新規登録
利用者のページについて
    QRコード®でアクセス
   QRコード®は、
   ㈱デンソーウェーブの登録商標です。

トップページ利用案内 ≫ 図書館利用案内(本やCDなどを借りる)

図書館利用案内(本やCDなどを借りる)

平成28年7月1日更新

本やCDなどを借りることができる方

練馬区内に住んでいる方、区内に通勤・通学している方ならどなたでも借りることができます。また、練馬区に隣接する区市にお住まいの方も借りることができます。
【隣接区市:中野区・杉並区・板橋区・豊島区・武蔵野市・西東京市・新座市・朝霞市・和光市】

初めて借りる方は、まず利用登録を

利用登録申込書に必要事項を記入して、住所を確認できるもの(健康保険証・運転免許証など)と一緒に、カウンターにお出しください。区内に通勤・通学している方は、在勤・在学を証明できるものも必要です。登録をすると練馬区立図書館利用カードを発行します。
《登録にはご本人の来館が必要です》
代理人の方による登録手続きを希望する場合は、各図書館へご相談ください。
《住所が変わったり、利用カードをなくしたりしたときは、お届けが必要です》
住所や電話番号、氏名が変わったとき、利用カードをなくしたときは、住所を確認できるものをご持参のうえ、カウンターで手続きをしてください。
《2年間、貸出がない場合は、利用カードが使用できなくなります》
利用カードが使用できなくなった場合は、住所を確認できるものをお持ちになり、あらためて登録手続きをしてください。
※ ご登録いただいた情報の取り扱い
① 利用登録情報は、本やCDなどの資料の貸出管理に使用します。
② 利用登録情報は、予約資料が用意できたときや貸出期限が過ぎた資料の返却のお願いなど、図書館から必要な連絡をするために使用します。なお、この連絡には、コンピュータによる自動通知も含みます。
③ 個人情報を適切に取り扱います。
 ア 練馬区個人情報保護条例を遵守し、個人情報を取り扱います。
 イ ご登録の内容が変更となった場合は訂正します。変更が生じた場合はお届けください。

本やCDなどを借りるときは、利用カードと一緒にカウンターにお持ちください

※本の貸出しには自動貸出機もご利用いただけます
全館に自動貸出機を設置しています。カウンターが混みあっているときなどに是非ご利用ください。
なお、CD・カセットテープ・DVD・ビデオテープ・大型の本・DVD付きの本・布の絵本などは自動貸出機は利用できません。また、バーコードの貼ってある位置によっては、読み取れないものがあります。その場合は、ご面倒でもカウンターをご利用ください。

借りることができる点数と期間は

借りることができる点数と期間は、全館あわせて下表のとおりです。
〔貸出点数〕  ※練馬区立図書館全館での合計(予約点数と同数)
資料の種類点数期間
本・雑誌・紙芝居合わせて10点以内 2週間以内
布の絵本2点以内
CD・カセット・レコード合わせて5点以内
ビデオ・DVD 合わせて2点以内
※平成26年10月1日より、すべての貸出期間が2週間以内になりました。

館内閲覧資料について

新聞、雑誌最新号、「館内」のシールが貼ってあり資料状態が「貸出禁止」となっている資料は貸出しできません。

団体で借りるときは

区内の地域文庫、学校、保育園、サークルなどのグループや団体は、300冊以内、3か月まで借りることができます。初めて利用する場合は、カウンターで登録が必要です。

全館に貸出手続確認装置を設置しています

図書等の紛失を防止し、資料の適正な管理を図るため、各図書館の出入口に貸出しの手続きを確認する装置を設置しています。
装置が反応(ブザーとランプ)しましたら、お手数ですが確認にご協力願います。

● お願い
・装置に寄り掛かったり、近くに長い時間立ち止まったりしないでください。
・注意を守っていただければ身体に影響はありませんが、ペースメーカーなどを装着していてご心配な方は、カウンターまでお知らせください。

受取窓口について

本・CDなど、予約した練馬区立図書館資料の受け取りや返却ができる受取窓口を開設しています。
受取窓口では資料の受け取り、返却のほか、図書館の利用登録ができます。また、高野台受取窓口以外の施設では、資料検索機で資料の検索・予約ができます。
※資料閲覧のための座席はありません。また、読書相談(レファレンス)などはできません。
※練馬区立図書館が所蔵していない資料を予約するときに、受取館を受取窓口に指定することはできません。また、他の区市町村立図書館や都立図書館から借用した資料の 返却もできません。

《図書館の資料は皆さまの共有の財産です》
・ご利用の資料について、破損・汚損を発見した場合は、カウンターまでお知らせください。
・万一、資料を紛失・破損・汚損した場合は、図書館へご連絡ください。
・借りた図書館資料を紛失・破損・汚損または水濡れなどにより貸出しできない状態にされた場合は、原則として同じ資料を弁償していただきます。雨などによる水濡れも弁償の対象となることがありますので、大切に取り扱っていただくようお願いします。