※貸出・予約状況の確認は上のボタンを押してください。
パスワード新規登録
利用者のページについて
    QRコード®でアクセス
   QRコード®は、
   ㈱デンソーウェーブの登録商標です。

トップページ ≫ 各館の行事案内詳細

大泉図書館    2017年読書週間記念講演 文豪・谷崎潤一郎の家庭人としての側面に迫る(11/5)

2017/10/13

2017年 読書週間 記念講演


文豪・谷崎潤一郎

家庭人としての側面


近代日本を代表する作家・谷崎潤一郎研究の第一人者である千葉俊二氏と、『花は桜、魚は鯛』で祖父谷崎の思い出を語られている渡辺たをりさん、谷崎と千代夫人の孫にあたる高橋百百子さんをお招きして、家庭人としての谷崎潤一郎の晩年の素顔についてお話していただきます。文豪・谷崎潤一郎の魅力をあらためて多くの読者にお伝えし、その人間性や作品世界により親しんでいただける講演会です。

◆講師プロフィール◆
●千葉 俊二 (ちば しゅんじ) 氏

1947年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学部人文専攻卒業。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。「谷崎潤一郎全集」編集委員。
主な著書に『谷崎潤一郎 狐とマゾヒズム』、『潤一郎ラビリンス』(全16巻)、『物語のモラル 谷崎潤一郎・寺田寅彦など』、『谷崎潤一郎の恋文 松子・重子姉妹との書簡集』ほか多数。

●渡辺 たをり(わたなべ たをり)氏
渡辺清治・千萬子夫妻の娘として京都府に生まれる。父・清治は谷崎潤一郎の3番目の妻・松子と最初の夫・根津清太郎の長男で、松子の妹・重子とその夫・渡辺明の養子となった。
1980年に『祖父・谷崎潤一郎』を、85年に『花は桜、魚は鯛』を刊行した。

●高橋 百百子(たかはし ももこ)氏
谷崎潤一郎・千代夫妻との間に生まれた娘・鮎子と、佐藤春夫の甥・竹田龍児の娘として生まれる。谷崎直系の初孫

  【日 時】11514:00~16:00(開場13:30~) 

  【場 所】大泉図書館 2階視聴覚室
        
  【参加費】無 料  

  【対象者】中学生以上  

  【申 込】定員50名 
※事前申込制

  【問合せ】練馬区立大泉図書館 電話03-3921-0991

<<<<<<<<< 皆様の申込をお待ちしております。 >>>>>>>>>>


今回の「2017年読書週間記念講演」に関連する展示をおこないます。
◆関連展示:「谷崎潤一郎関連作品」 ◆場所:大泉図書館1階
◆展示期間:2017年10月24日(火)~11月26日(日)
                                  ぜひ、ご覧ください。


2017年 読書週間記念講演 文豪・谷崎潤一郎の家庭人としての側面に迫るのポスターはこちら